Hiddencamera

コンプライアンス時代の強い見方は隠しカメラだ!

内臓カメラ

現在の高度コンプライアンス社会において、やはり「記録の原則」は不可欠となっています。特に、閉鎖的な環境になりがちな職場におけるパワハラ・セクハラなどの問題についても同様で、隠しカメラの需要はそれに伴うものといっても過言ではないでしょう。もしも、実用的でお手頃な隠しカメラをお求めでしたら、普段使いも可能で怪しまれにくい形状のボールペンタイプがオススメです。胸にペンを差していれば特に違和感はありませんし、まさか隠しカメラだと気付く人もないでしょう。
隠しカメラ専門店で購入すれば、最も安価な商品で2千円代から販売しており、高価なものになると、おおむね2万円代という安心の価格帯となっています。肝心なスペックも録音、写真撮影はもちろん動画撮影も可能という高機能揃い。動画撮影の可能な時間は80分程度のものから最大16時間というものまで様々です。録画に関しては被写の動きに反応して録画を開始するという高機能の商品もありますが、おおむね3~4千円代で十分な機能を搭載した商品が手に入ります。
記録媒体はmicro-SDとなっており、パソコンに接続して収録内容をチェックできます。もしも何かトラブルに巻き込まれたら…と不安に思いながら生活していた方であれば、自衛の手段をそろえることで多少は安心して生活することができるでしょう。みなさんの悩みや苦しみが少しでも報われる商品に出会い、問題解決に一役かってくれることに期待大ですね。

隠しカメラを使って留守中のペットを撮影

室内で犬や猫などのペットを飼っている人は、外出の最中も家で留守をしているペットの様子が気になってしまいます。そんなときに役立つのが置時計型や火災報知器型など、さまざまな形に偽装された隠しカメラです。
犬や猫は人間が想像する以上にカメラのレンズを意識してしまうもので、普通のカメラだとたとえスマートフォン内蔵のカメラであってもなかなか自然に撮影できません。一見しただけではカメラだと気づかれない隠しカメラなら、そんなペットたちもレンズを意識することがないため自然な姿が撮影できます。飼い主の留守中に部屋を散らかしたりいたずらをしたりするようなペットの対策にも、こっそりと撮影できる隠しカメラが活躍中です。WiFiでインターネットに接続できるタイプの隠しカメラを導入すれば、外出中でもスマホアプリでペットの様子をリアルタイムに確認することができるようになります。
このような隠しカメラは一般的なカメラメーカーではなく専門のメーカーで製造しているせいか、普通の家電量販店やカメラ店では売られていません。隠しカメラを扱っている専門店なら商品の種類も豊富で、スピーカー型やリモコン型・ペットボトル型などさまざまな種類の中から選べます。隠しカメラ専門店で購入したカモフラージュカメラを使ってペットの思いがけない行動を撮影し、動画共有サイトやSNSに投稿している人も少なくありません。

職場でのトラブルに悩んでいるなら隠しカメラで対抗しよう

今、職場でのハラスメントが社会問題になっています。パワハラやセクハラ、モラハラなど様々な形で被害を被っている心当たりのある方もいるのではないでしょうか。そんな人知れず悩んでいる社会人の皆さんに、ご自身の身を護るためのアイテムとして隠しカメラをお勧めします。隠しカメラというと多くの方が想像するのは設置するタイプのカメラですが、実は携帯できるタイプもあるんです。それも一見してカメラと分からない形状となっているので、職場のハラスメントやその他トラブルの証拠を押さえるのにうってつけなんです。
例えばペン型や腕時計型は携帯できる隠しカメラとしてはポピュラーな形で、大半の隠しカメラ専門店で購入できるようになっています。他にもライター型やメガネ型、電球型などがありますが、職場に持ち込んでも不自然でないものとなると、ボールペン型やUSBメモリ型などが良いかもしれません。どちらもペン立てに立てたまま、パソコンに挿したままでも目立ちませんので、自分が席を離れている間の撮影も問題ありません。
価格は性能にもよりますが、高画質、長時間録画のできる一般的な隠しカメラで5000円前後、安いものなら3000円以内で買える商品もありますので、ぜひ職場でお試しください。


身を守るための隠しカメラの購入なら【SPYONLINESHOP】にお任せください!業界最大手!多数のカモフラージュカメラを扱っているからあなたの悩みを解決してくれるカメラが見つかりますよ!

更新情報

ニュース一覧